自然素材の個性派住宅が揃う!魅力ある住まいのご提案快適で安心できる未来を拓くためにめざしているものはアース・コーシャス&ヒューマン・エコロジーです。

資料請求・お問合せ お電話でのお問合せはTEL:099-210-7721

素足の住まいづくり
耐震に対する考え方

素足の住まいは繰り返される地震にも強く、コスト面も抑えられる制震構造をお薦めしています。

建物の地震に対する構造方法として耐震構造、制震構造、免震構造があります。 
耐震構造は躯体の頑丈さで激しい揺れに対抗する構造です。 
制震構造は戸建住宅の場合、躯体内の仕口や筋交いなどに粘りや弾性のある部材(ダンパー)を組み込んで、地震エネルギーを吸収させる構造です。 
免震構造は土台からの上部構造と基礎の間の装置により地震動を伝わりにくくするもので、方法としては「転がり式」と「ゴム積層式」「滑り式」があり、上部構造が地震動に追随せず、外部からみれば水平移動している状態です。 
いずれにしても基本は耐震構造ですが、制震構造及び免震構造は耐震構造との組み合わせと考えてよいでしょう。
免震構造は地震に対してよい方法ですが、第3種地盤といって軟弱な地盤、液状化のおきる場所には不向きです。また、コストの面において、かなり高額になるのが難点です。
素足の住まいは繰り返される地震にも強く、コスト面も抑えられる制震構造をお薦めしています。

大地震によって建物が振動すると、木ネジ近傍が揉まれて壁面材は柱梁から離脱します。ところが粘弾性ダンパーを介在させておけば、壁面材と柱梁の相対変形を利用して地震エネルギーを吸収し、建物の応答変位を1/2に低減させます。 
粘弾性ダンパーは、文部科学省防災科学技術研究所、東京大学、清水建設で共同開発されました。

 

▲ 上部へ戻る


資料請求・お問合せ窓口

 

ブランドリンク

鹿児島の住宅建築 株式会社アイビック/エースホーム鹿児島中央店
http://www.acehome-k.jp