自然素材の個性派住宅が揃う!魅力ある住まいのご提案快適で安心できる未来を拓くためにめざしているものはアース・コーシャス&ヒューマン・エコロジーです。

資料請求・お問合せ お電話でのお問合せはTEL:099-210-7721

HOME > 商品ラインナップ > > エースホーム > アンディ・ニード (Andy nido)
アンディ・ニード (Andy nido)

ふたりの見守り、家族のぬくもり。


夫婦2人が協働して子育てすることが、家族の絆を深める。

●「共に稼ぎ、共に育てる」パパ参加型の子育て提案+全プラン「子育てにやさしい住まい」認定取得。

子育て世代が本当に家を必要になるのは、子育て奮闘中のときです。「アンディ・ニード」は今まさに子育て真っ最中で家族を想う気持ちを優先するポスト団塊ジュニアの価値観にマッチする住まいとして提案いたします。
ミキハウス子育て総研株式会社が行っている『子育てにやさしい住まい』認定事業において基準の規定を満たし、全25 プランにおいて『子育てにやさしい住まい』注文住宅図面&プランの認定を取得いたしました。

「共に稼ぎ、共に育てる」パパ参加型の子育て提案。
夫婦2人が協働して子育てすることが、家族の絆を深める。

子育てにおいて毎日の暮らしの中で大変なことも“夫婦2人でこなせば楽になる”という発想を基に、パパが家事や育児を積極的に参加しやすくなる工夫を盛り込みました。

「ファミリーヌック」の和室への変更にも対応する準4LDKを基本とし、「住まいの大きさはこだわらないけど、部屋数は削りたくない」という志向と、収納の充実などの子育てする上で必要な大きさを考慮し、延床32坪程度を中心とした面積帯を提案。これで十分と思ってもらえる最小限の面積とすることで省コスト化を実現し、若い子育て世代の住 宅取得を応援します。


「ファミリーヌック」(育児期)-いつでも子供に目が届く書斎

●パパも子育てしやすい、「ファミリーヌック」。

リビング・ダイニングの一角に設けた「ファミリーヌック」は、子供の成長に合わせて多目的に使えるスペース。育児期は、パパがいつでも子供に目が届くところにいて側で見守れるように、書斎として活用。幼少期にはタタミユニットを設置し、そこでパパが子供と遊んだり、小児期になればカウンターに家族の椅子を並べて、時々宿題を見てあげたり家族それぞれが自立しながらいい関係を保てる共有スペースに。そんな家族の日常に合わせて多用途に使い分けることができる「ファミリーヌック」を中心に、夫婦2人による子育てや、家族に合った暮らし方を実現できるようにしています。


2ウェイ土間

●土間使いも、床上収納使いもできる、便利な「2ウェイ土間」

玄関とリビング・ダイニングの間に、土間と床にまたがった「2ウェイ土間」の収納を提案。土間側にはベビーカーやサッカーボールなどを外の汚れを気にせずにしまえ、床側にはランドセルや帽子などを帰宅時にしまえることで、リビングが散らからずに済みます。
一般的な納戸などとは違って通り抜けできて、双方から行き来できます。

●動く収納 — 間仕切り収納で「自在な空間構成」

最初は間仕切りせずにフルオープンにして、広々とした子供の遊び場にしたり、家族みんなで川の字になれる寝室にするもよし。子供にプライバシーが必要な年頃になったら、収納家具でサッと間仕切って個室の設えに。全プランに標準で設定している「可動間仕切り収納」を利用して内部空間に可変性を持たせることで、子供が巣立ったあとも、夫婦で好きなときに模様替えができるマルチ空間として活用できます。


可動間仕切り収納
ミキハウス子育て総研による「子育てにやさしい住まい」認定に対応するプラン。

「アンディ・ニード」は、基本提案25プランにおいて、認定仕様として提案する設備機器(「認定仕様パッケージ」)を採用することで、ミキハウス子育て総研株式会社が行っている「子育てにやさしい住まい」の認定基準を満たせるようにしています。

子育てする上で安心・安全、ママにとってストレスをためない空間など、「子育てにやさしい住まい」認定基準をベースに、さらに独自の視点による工夫も多く追加しています。

●(1)プランニングにおける工夫

子供の成長と共に増え続ける家族の持ち物を十分にしまいきれるように、「2ウェイ土間」の他、ウォークインクローゼットや納戸、キッチンには家事がしやすくなるようパントリーを設けるなど、収納スペースを充実しています。また共働きの夫婦に配慮し、日中家を空ける時に急な雨降りで洗濯物が濡れてしまうことが無いよう、インナーバルコニーを全25プランに設定しています。

●(2)認定仕様として提案する設備機器(「認定仕様パッケージ」※)

指をはさまないようゆっくり閉まるソフトモーション機能のついた室内ドアや、滑りにくい浴室床など、子供の安全に配慮したアイテムをはじめ、カラーモニター付インターホンや食器洗い乾燥機をはじめとする人気の高い住宅設備を設定しました。また「エコキュート」や節水型の便器を採用することにより、省エネにも配慮しています。

※基本提案25プランの間取り上は「子育てにやさしい住まい」認定基準に対応しておりますが、認定に必要な60項目をクリアするには「認定仕様パッケージ」の採用が必要です。お客様のご予算に合わせてお求め易い価格の「スタンダード仕様」もご選択いただくことができ、こちらも子育てに充分に配慮した提案となります。

 

▲ 上部へ戻る

インフォメーション
鹿児島の住宅建築 株式会社アイビック/エースホーム鹿児島中央店
TEL:099-210-7721/FAX:099-210-7731
鹿児島市平之町11番3号

資料請求・お問合せ窓口

 

ブランドリンク

鹿児島の住宅建築 株式会社アイビック/エースホーム鹿児島中央店
http://www.acehome-k.jp